三菱財閥は、俗に三井、住友とともに三大財閥であるが、三井、住友が三百年以上の史を持つ旧家なのに対して、三菱は明治期の動乱に政商として、巨万の利益を得てその礎を築いた。三菱財閥の創業者は岩崎弥太郎

what  when  why  who  where  how

戦後の固定相場制の時日本はアメリカに何を輸出していたか。それは車。今も昔も変わらず、日本→アメリカの最大の輸出品は車。日本車が安すぎてアメリカの自動車会社が倒産していた。また衣料品も輸出していた。 その当時、ドイツもアメリカへ輸出を行った。ドイツからは機械類、医療品がアメリカへ輸出された。

大動脈は内膜、中膜、外膜の3層に分かれている。なんらかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離という。大動脈解離は、ほとんどの場合、何の前触れもなく、突然、胸や背中の激痛とともに起こります。また、起こったばかりの時は、血管が裂けているために血管の壁が薄くなり、きわめて破裂しやすい状態。特に上行大動脈に解離が及ぶA型では、1時間に1%ずつ死亡率が上昇すると言われる。つまり、48時間以内におよそ半分の患者さんが亡くなることになる。

我癡とはどのような煩悩?我執(がしつ)の心であり、今現在の自分の枠から外れることを恐れている。人間は五蘊(ごうん)が仮に和合した「現象」にすぎませんが、それを「実在」とし愛執するこころ。愛執するがゆえにそこから離れること

ラテラルラインを利用した運動療法:側臥位にて骨盤を固定し、胸郭・肋骨の回旋を促したり、側臥位のまま上の上肢をバンザイして側腹部の伸張。

歩行につなげる場合は、壁に対して横向きとなり(患側が壁側)、患側上肢を挙上して壁につく。それにより、患側立脚期での体幹の抗重力伸展がつくれるので、この肢位でのstep練習などで、中殿筋が働きやすい姿勢をつくる。

ラテラルライン(LL)はアナトミートレインの筋膜ラインの一つ。Lateral Lineと英語では表記。頭部の後外側の筋から頸部前外側を通って、体幹外側、大腿外側、下腿外側の筋までの筋膜の連結。左右両側に存在し、体幹の側方や回旋の動きを制動することが大きな役割。小趾外転筋ー長腓骨筋の協調⇒⇒ラテラルラインでつながり⇒中臀筋、腹斜筋群への働き

Lateral Lineですが,長腓骨筋で終わっていますが,小趾外転筋の付近に停車しており,小趾外転筋も関わっていると言えます。 小趾外転筋-長腓骨筋が協調して働くことでLLに緊張が伝わり中臀筋や腹斜筋群の活性化に繋がると考えられます。

前脛骨筋,小趾外転筋-長腓骨筋が協調して働くことで背屈・外反の運動が出現します. そうすることで,PSwからのクリアランス改善にも役立ちます。

足関節の本来の動きは背屈時には外反、外旋を伴う。底屈時には内反、内旋を伴うので 関節運動を行う場合には伴う関節運動もあわせて行うのが良い。

足関節は脛骨と腓骨・距骨・踵骨か ら構成される距腿・距骨下・遠位脛腓関節の複合関節である.

深層外旋六筋の中で最も強力なのは大腿方形筋(仙骨神経叢)。内閉鎖筋(仙骨神経叢)も並んで強力。 深層外旋六筋の付着部を上から並べると、梨状筋 上双子筋 内閉鎖筋 下双子筋 外閉鎖筋(閉鎖神経) 大腿方形筋 となる。

深部感覚は ”位置覚"  "運動覚"  "抵抗覚"  "重量覚"  により、体の各部分の位置、運動の状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚である。 深部知覚、深部覚、固有受容性感覚 proprioceptive sense、固有覚ともいわれる。PTの世界では、抵抗覚、重量覚よりも振動覚 複合感覚(二点識別感覚)を検査する。

平衡反応は迷路の刺激によって生じる代償的で自律的な動きであり.その統合中枢は大脳皮質および小脳皮質に存在する(新保2000:209)。

外反:回内 外転 背屈 の複合運動

内反:回外 内転 底屈 の複合運動

短母指屈筋:母指MP関節屈曲 正中/尺骨神経支配

前遊脚期:遊脚初期に入る前。足尖離地の前。立脚側へ重心移動している時期。

マカの元気には、亜鉛 アルギニン シトルリンが含有される。アルギニンが酸素と結合し一酸化窒素となる。一酸化窒素には動脈を拡張させて血流量を増やす効果がある。ニトログリセリンは血管拡張作用があるので狭心症の薬になる。体内で加水分解されて生じる硝酸が、さらに還元されて一酸化窒素 (NO) になり、それがグアニル酸シクラーゼを活性化し cGMP の産生を増やす結果、細胞内のカルシウム濃度が低下するため血管平滑筋が弛緩し、血管拡張を起こさせることが判明している。

手根管症候群とは横手根靭帯(屈筋支帯)によって正中神経が圧迫されて、てのひらが痺れる疾患。屈筋支帯と手根骨のあいだを通過するのは・・・浅/深指屈筋腱  長母指屈筋腱  橈側手根屈筋腱  正中神経

広背筋は、第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突起仙骨、腸骨稜、第9~12肋骨を起始とし、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走り、上腕骨の上部小結節稜に付着する。広背筋は平行筋である。胸背神経支配。

山手線・・・田町駅 (JY27) - 高輪(たかなわ)ゲートウェイ駅 (JY26) - 品川駅 (JY25)

小臀筋は、臀筋のうちの1つ。中臀筋と同じく上臀神経による支配を受けており、やはり中臀筋と同じく股関節の外転を行う他、股関節の内旋にもわずかに関わる。腸骨翼の殿筋面から起こり、大転子で終わる。

 

数の暗唱や計算では、両側半球の前頭前野、運動前野、側頭葉のウェルニッケ野後頭葉が活性化されている実験データがあります。前頭前皮質前頭皮質前頭前野(複雑な認知行動の計画、人格の発現、適切な社会的行動の調節に関わる)

 

ルノーRenault S.A.)は、フランスのパリに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。主要株主はフランス政府。

大脳基底核を構成するのは、線条体 淡蒼球 視床下核 黒質

底背屈運動はほとんどが距腿関節で起こり,背屈に伴ってわずかな外反・外旋運動も生じていた.背屈時に足部は外反,底屈時に足部は内反を伴う。

距骨下関節の運動は内・外反,内・外旋であるとされている。距骨下関節は、距骨と踵骨から成る。

距腿関節は脛骨 腓骨 距骨から成る。

足関節を背屈させると,脛骨と腓骨の間は広くなり,逆に底屈させると間隔は狭くなる.

足関節の背屈運動時に外果が上方,外側に移動することは諸家の報告で統一しているが,回旋に関しては内旋する,外旋する,回旋しないとのさまざまな報告がある。

景気のいい国は内需が活発なので貿易収支が赤字になる(輸入する為)。景気の悪い国は内需が不純なので輸出が増え貿易収支が黒字になる。

ショパール関節=横足根関節 ◇「踵立方関節」+「距舟関節」

リスフラン関節(足根中足関節)。内側・中間・外側楔状骨、立方骨と中足骨の間の関節。

2018年11月 東芝は米国テキサス州液化天然ガスLNG)プロジェクト「フリーポート」について、中国の民間ガス大手ENNグループに売却することで合意した。 

増え続ける物流コスト・・・ヤマトが値上げと総量規制を行ったことによりあふれた荷物を受けているのが日本郵便だ。アマゾンの荷物を届けるには、値上げをするしかないとされている。

肺胞が行うガス交換とは・・・血液から二酸化炭素を排出し、酸素を取り込む。

遠くを見るとき:毛様体筋が弛緩する→チン小帯が引っ張られる→水晶体がチン小帯に引っ張られて薄くなるので,遠くにピントが合う.

近くを見るとき:毛様体筋が収縮する→チン小帯がゆるむ→水晶体が,自らの弾力性で膨らみが大きくなり厚くなるので,近くにピントが合う.

足部外側靭帯 前距腓靭帯(内反で損傷しやすい) 後距腓靭帯 踵腓靭帯

足部三角靭帯 前脛距靭帯 後脛距靭帯 脛踵靭帯 脛舟靭帯

足関節の外側を支える靭帯のうち、内反捻挫で最も捻挫する靭帯は前距腓靭帯、これは外くるぶしの前部分の関節を支える靭帯です。内反捻挫では、この前距腓靭帯部分に損傷が起こるため、外くるぶしの前部分が腫れ、痛みが生じる。また、足を下に曲げたり内側に捻ったりすると、この部分に痛みが生じる。損傷がひどい場合は足関節の外側や前部分、もしくは全体が大きく腫れてしまう。

腎機能低下によるアシドーシスは、代謝性アシドーシスといいます。低いpHはアシドーシス、高いpHはアルカローシスに関連づけられます。pHの基準範囲(成人)例:7.35~7.45 (動脈血)

トレードオフ(英: Trade-off)とは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のことである。 トレードオフのある状況では具体的な選択肢の長所と短所をすべて考慮したうえで決定を行うことが求められる。

アメリカのベトナム戦争介入目的は、東南アジアの要衝であり、共産化を防ぐため。「南ベトナムが共産化したらインドシナ全体が軒並み共産化してしまう」というドミノ理論。そしてインドシナの北にある中国をけん制する必要もあった。ドミノ理論とは、「ある一国が共産主義化すれば動きはドミノ倒しのように隣接国に及ぶ」という、冷戦時代のアメリカ合衆国における外交政策上の理論。実際に起こった現象についてはドミノ現象と呼ぶ。

空間認識能力とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと。空間認知、空間識、空間知覚の能力をいう。空間認識能力は、視覚・聴覚など複数の感覚器の協力で成立し、右脳によってコントロールされる。

セミファーラー位・・・15度~30度 上半身を起こした状態 ファーラー位(半坐位)・・・上半身を40度起こした状態 座位・・・上半身を90度起こした状態

捻挫とは関節を「捻り挫く」事をいい、骨と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷、関節包や靭帯及び軟部組織(内臓・骨以外の総称)を損傷した状態を指す。

日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が2018年12月30日発効した。世界の経済成長をけん引するアジア太平洋地域に域内人口5億人超の巨大な自由貿易圏が誕生する。加盟国産の農畜産物の関税が撤廃または引き下げられるため、消費者には小売価格の低下を通じて、より安価に食料品が手に入ることになる。

鵞足・・・縫工筋 薄筋 半腱様筋 鵞足炎は、スポ―ツなどにより引き起こされる、膝ひざの慢性的な炎症です。鵞足滑液包炎と呼称される場合もあります。

鵞足炎や鵞足滑液包炎を起こすと、痛みを感じます。鵞足炎では鵞足に小さな損傷が生じることで、鵞足滑液包炎では鵞足の下にある「滑液包」に炎症が起こることで痛みを感じます。

テンタクル活動とテンタクルアクティビティーは同じ意味です。物体が2つあるとして、1つをA,もう1つをBとし両者がつながっているとする。このとき、Aが安定していることを前提に、Bが自由に空間で動けることを、テンタクル活動といいます。たとえば、背臥位で下肢を挙上するなら、体幹が安定していなければならないといった感じ。

朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なりーーー「論語」里仁(りじん)から》朝に人としての大切な道を聞いて悟ることができれば、その晩に死んでも心残りはないという意。

「三叉神経(第Ⅴ脳神経)」とは、頭部と顔面を支配する、脳神経の中で一番太い神経です。顔の感覚を脳に伝える神経。体性運動性と知覚性の混合神経。三叉神経の知覚性繊維は、3つの主要な枝すべてに含まれる。眼神経、上顎神経、下顎神経の3つ。

間脳は自律神経の中枢である視床下部、種々のホルモンを分泌する脳下垂体。体性感覚などの大半の感覚を司る視床などに区分される。

松果体は、脳に存在する小さな内分泌器である。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。松果体は、赤灰色でグリーンピース(8 mm)ほどの大きさ。上丘の上、視床髄条の下に位置し、左右の視床に挟まれている。松果体視床後部の一部を構成する。松果体は脳の中央線上に位置しており、頭蓋骨をX線で撮影すると石灰化したものが写ることがある。松果体の石灰化が起こっていた場合、X線撮影で脳の中央にあるべきものが、例えば脳腫瘍などが原因で左右に変位していないかを簡単に判断することが可能。

f:id:gazo-u:20190130004143j:plain

椎間板にスポーツによるストレスが加わることにより、椎間板が破れて中から髄核が後方に突出する。多くは第4/5腰椎椎間板の繊維輪が変性したり、一部破れて中の髄核が腰椎後方に突出して第4腰神経(L4)、第5腰神経(L5)、第1仙神経(神経根)(S1)等を圧迫したりします。左右の神経根のうち、片側の神経のみが圧迫されることが多いため、下肢の症状は片側性が多いのです。ヘルニアとは正常の位置(椎間板)から逸脱(髄核が飛び出す)した状態をいい、腰では腰椎椎間板ヘルニアのことを示します。

空間認識能力とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと。空間認知、空間識、空間知覚の能力をいう。空間認識能力は、視覚・聴覚など複数の感覚器の協力で成立し、右脳によってコントロールされる。

セミファーラー位・・・15度~30度 上半身を起こした状態 ファーラー位(半坐位)・・・上半身を40度起こした状態 座位・・・上半身を90度起こした状態

昔は固定相場制で、1ドル=360円のレートが固定されていた。これが1971年のドルショック(ニクソンショック)をきっかけとして、変動相場制に移行し、それ以来円高が進行、今日のレートになる。ニクソンショック以前のドルは兌換紙幣だったので金と交換できた。それがニクソンショック以降、金と交換できない不換紙幣になった。兌換は一旦何かに置き換えることで等しく(入れ替えが可能に)なること。紙幣において金兌換のように使う以外あまり用例が見られない。金兌換の1円札は1円分の金と置き換えることで1円の価値を持つ。互換は何かに置き換えることなしに、そのまま入れ替えが可能であること。戦後の固定相場制の時日本はアメリカに何を輸出していたか。それは車。今も昔も変わらず、日本→アメリカの最大の輸出品は車。日本車が安すぎてアメリカの自動車会社が倒産していた。また衣料品も輸出していた。その当時、ドイツもアメリカへ輸出を行った。ドイツからは機械類、医療品がアメリカへ輸出された。

クレアチニン(Creatinine:Cr)は、筋肉で作られる老廃物の一つで、そのほとんどが腎臓の糸球体から排泄されます。 そのため、血液中のクレアチニンの増加は、糸球体の濾過機能が低下していることを意味します。 ただし、筋肉が多い人は高めに、筋肉が少ない人は低めになるために、これだけでは正確性に乏しい。

第三腓骨筋は人間の下肢の筋肉で足関節の背屈、外反を行う。起止:腓骨下部前面⇒停止:第5中足骨底背面

f:id:gazo-u:20190130200318p:plain

f:id:gazo-u:20190130200356p:plain

良い睡眠に関わる、メラトニン松果体から分泌)とセロトニン(縫線核で合成)。脳内セロトニンを生成する縫線核群は、大脳皮質、大脳辺縁系視床下部、脳幹、脊髄など広汎な脳領域に投射している。

内臓感覚(visceral sensation) 内臓の感覚。満腹感、空腹感、渇き、尿意、息苦しさ、内臓の痛みなど。

【用語の確認】COPを英語でいうとcenter of pressureと言います。この英語の頭文字をとってCOPと言います。日本語では床反力作用点あるいは圧力中心、圧中心、作用力中心などと呼ばれます。

【COPとは】足が床に接地すると、接触した部分には反力が生じます。下の図は足を接地した時に生じる反力を図で表したものになります。各部分の反力の大きさや方向がまちまちであることがわかります。

f:id:gazo-u:20190131052531j:plain

【COPと支持基底面】静止立位時は、重心は支持基底面の上にあります。このことをCOPと一緒に考えてみたいと思います。支持基底面とは、COPを移動できる範囲と考えることができます。静止立位の場合、COPは両足の合成床反力の作用点が両足で作られた支持基底面内にあります。杖などの補助具を使うと、支持基底面が広がり、補助具から返ってくる反力も含めた合成床反力の作用点がCOPということになります。

韓国のサムスン電子サムスングループの中核企業)は、みずほ銀行など日系銀行から融資を受ける場合が多い。理由は韓国の通貨が弱いというより、韓国に大銀行がないから。

亜鉛は成人の体内に約2g含まれます。成人ではそのほとんどは筋肉と骨中に含まれますが、皮膚、肝臓、膵臓前立腺などの多くの臓器に存在し、さまざまな酵素の構成要素。亜鉛は数百におよぶ酵素たんぱく質の構成要素として、さまざまな生体内の反応に関与しています。アミノ酸からのたんぱく質の再合成、DNAの合成にも必要なので、胎児や乳児の発育や生命維持に非常に重要な役割を果たしているほか、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作るすい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラル。

【A型インフルエンザ】A型インフルエンザウイルスは、他と比べ症状が激しい型。

【C型インフルエンザ】 C型インフルエンザは、いったん免疫を獲得すると、終生その免疫が持続すると考えられている。再びかかったとしてもインフルエンザだとは気づかず、ふつうの風邪と思ってしまうかもしれない。ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい 。かかるのは4歳以下の幼児が多い。

棘上筋は肩関節の外転動作時、最初の30度くらいのところまでよく働く。30度からは三角筋が強く働く。棘上筋のトレーニングとして従来からよく行われている"エンプティー缶"と呼ばれるトレーニング方法では、三角筋が働いてしまい棘上筋が鍛えられない。円運動では、最初のスタート時点から30度程度までは運動の方向と重力(負荷)の方向が違うので、軽い負荷だけでは棘上筋にはほとんど負荷がかからない。側臥位になり、肩関節外転(30°まで)を行う事で棘上筋が働く。

腹横筋は、腹部の筋肉のうち腹壁外側部を走る側腹筋の一つ。内腹斜筋の深層に存在し、下位肋骨(7~12肋骨)、鼠径靱帯、腸骨稜、胸腰筋膜を起始とし、水平に外側に向かって走り、腱膜に移行して腹直筋鞘に付着する。いわゆるインナーマッスルの1つ。下位肋骨を下方に引き、腹圧を高める作用がある。

ロンベルグ試験:ロンベルグ試験で被験者に体の揺れが見られること(これをロンベルグ徴候が陽性であるという、後述)は、失調症状が感覚性であること、すなわち位置覚の消失によることを示唆する。ロンベルグ徴候が陽性であるとは、次の2点をどちらも満たすことをいう。  1.被験者は開眼していれば立てる。  2.被験者が閉眼すると倒れる。   次のような場合は陽性とはいえない。  1.閉眼した際に多少ふらつくが倒れない。

じっと直立した姿勢を保っていられるのは、感覚神経路、感覚運動統合中枢、運動神経路がいずれも正常である場合に限る。 この際に必要な感覚入力は 関節の位置覚(固有覚)、これは脊髄後索を伝わる 視覚 である。 重要なことだが、脳は固有覚と視覚のどちらかが正常ならば、平衡を保つために充分な入力が得られる。

正中神経 尺骨神経の二重神経支配筋:短母指屈筋 深指屈筋 虫様筋

白内障は、目の中のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってくる病気。白内障の原因で主なものは加齢で、水晶体の成分であるたんぱく質活性酸素によって変化して、白く濁る。白内障の濁りは、薬で取ることはできない。そのため、最終的には白内障手術を受けることになる。

アイスランドは地熱などの再生可能エネルギーから電力を賄う。人口が少ないわりに観光客が多い。産業のほとんどが天然の自然を売りにしていて、投資効率が非常に高い。地熱発電は、地熱によって生成された水蒸気により発電機に連結された蒸気タービンを回すことによって電力を発生させる。アイスランドはプレートの境目なので火山活動が活発。従ってマグマが地表近く存在する。そのマグマが地下水を温め蒸発させ、その水蒸気でタービンを回すことによって電気を起こすことができる。

 表在感覚の種類:触覚 圧覚 温痛覚  

表在感覚は皮膚感覚とも言われる。

アルコールにより、犯される感覚系:感覚系では、特に下肢優位に対称性にみられる表在感覚障害(38.5%)および深部感覚障害(31.1%)が多い。

滑液包とは、通常関節の周囲にある袋で、内側の膜は関節滑膜に似て、中には少量の滑膜を含んでいる。 関節の動きを滑らかにする役割を持つ。度重なる圧迫や過剰な摩擦、打撲やねんざなどの外傷によって外傷性炎症を生じて、大きくなることが多い。リウマチの合併症や細菌感染によっても大きくなる。

テンタクル活動とテンタクルアクティビティーは同じ意味です。物体が2つあるとして、1つをA,もう1つをBとし両者がつながっているとする。このとき、Aが安定していることを前提に、Bが自由に空間で動けることを、テンタクル活動といいます。たとえば、背臥位で下肢を挙上するなら、体幹が安定していなければならないといった感じ。

椎間板にスポーツによるストレスが加わることにより、椎間板が破れて中から髄核が後方に突出する。多くは第4/5腰椎椎間板の繊維輪が変性したり、一部破れて中の髄核が腰椎後方に突出して第4腰神経(L4)、第5腰神経(L5)、第1仙神経(神経根)(S1)等を圧迫。左右の神経根のうち、片側の神経のみが圧迫されることが多いため、下肢の症状は片側性が多い。ヘルニアとは正常の位置(椎間板)から逸脱(髄核が飛び出す)した状態をいい、腰では腰椎椎間板ヘルニアのことを示す。

「三叉神経(第Ⅴ脳神経)」とは、頭部と顔面を支配する、脳神経の中で一番太い神経です。顔の感覚を脳に伝える神経。体性運動性と知覚性の混合神経。三叉神経の知覚性繊維は、3つの主要な枝すべてに含まれる。眼神経、上顎神経、下顎神経の3つ。

ヒトの松果体は、赤灰色でグリーンピース(8 mm)ほどの大きさである。上丘の上、視床髄条の下に位置し、左右の視床に挟まれている。松果体視床後部の一部を構成する。松果体は、脳に存在する小さな内分泌器である。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。

長趾屈筋 作用:底屈 内反  タオルギャザーで鍛えられる。 脛骨後面⇒2~5趾骨末節骨底

距腿関節は底屈位で遊びが大きく、背屈位で遊びが小さい。

第三腓骨筋は人間の下肢の筋肉で足関節の背屈、外反を行う。起止:腓骨下部前面⇒停止:第5中足骨底背面

転子部骨折では以前はEvans分類が用いられていたが、近年はJenssen分類(ヤンセン)や中野3D-CT分類が用いられている。転子部骨折の不安定型ではマイクロムーブメントが起こりやすく、荷重時痛も強くなりがち。

f:id:gazo-u:20190202134601j:plain

f:id:gazo-u:20190202134550j:plain

酸素欠乏症(さんそけつぼうしょう、Anoxia、通称:酸欠、さんけつ)は、人体が酸素の濃度18%未満である環境におかれた場合に生ずる症状。一般の空気中の酸素濃度は約21%であり、発症は個人差がある。酸素の不足に対して、最も敏感に反応を示すのは、脳の大脳皮質であり、機能低下からはじまり、機能喪失、脳の細胞の破壊につながり、非常に危険である。脳の酸素消費量は、全身の約25%に及ぶ。

血中のpHの調節は主に肺と腎臓で行っているのですか?肺はCO₂、腎臓はHCO₃-の調整機能を持っているので、それを用いてpHを調節することが可能となっている。二酸化炭素(英: carbon dioxide)は、化学式が {\displaystyle {\ce {CO2}}} {\displaystyle {\ce {CO2}}} と表される無機化合物である。二酸化炭素濃度が 3~4 % を超えると頭痛・めまい・吐き気などを催し、7 % を超えると炭酸ガスナルコーシスのため数分で意識を失う。この状態が継続すると麻酔作用による呼吸中枢の抑制のため呼吸が停止し死に至る(二酸化炭素中毒)。二酸化炭素が上昇すると、pHは低下する。

結節間溝:大結節と小結節の間にある溝を結節間溝という。

結節間溝を通るのが上腕二頭筋長頭。結節間溝を覆うのが上腕横靭帯。

アキネジア:無動。自発的に運動しようとするときに、始めるまでに時間がかかり、始めても、のろのろとして緩慢にしか動作できない状態。パーキンソン病の主要な4運動徴候の1つであり、その最も重要な症状である。

姿勢反射障害 アキネジア(無動/寡動) 筋強剛(筋固縮) 安静時振戦(resting tremor)

毛様体筋(英: ciliary muscle)とは、内眼筋に含まれる水晶体を調節してピントを合わせる筋肉である。筋自体は毛様体の中にある。動眼神経に支配される。 光を得た水晶体の厚みを変える。近くを見るときは緊張して水晶体が厚く膨らみ、遠くを見るときは緩んで水晶体は薄くなる。

大腿筋膜張筋:上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起始し、大転子の前方を経て腸脛靱帯に移り、この靱帯は大腿の外側を下行し、脛骨外側顆に停止する。運動動作においては主に股関節の屈曲・外転・内旋。膝関節の外旋といった動きに関与する。

EBM:Evidence-based medicine 科学的根拠に基づく医療のこと.入手可能な範囲で最も信頼できる根拠を把握した上で,個々の患者に特有の臨床状況と患者の価値観を考慮した医療を行うための一連の行動指針。医療行為を医師が受けた教育,研究,臨床経験に依存した裁量権に単純にゆだねるのではなく,医療方針の決定に当たって臨床研究の成果を良心的に思慮深く適用することを求める考え方である.実際には、(1)患者の問題の定式化、(2)効率的で質の高い情報収集、(3)情報の批判的検証評価、(4) 情報の患者への適用、(5) 研究課題の抽出、の手順で行われている。EBMは情報技術の発展を背景とし,インフォームドコンセントの時代に沿った医療手法である.「同義語=エビデンスに基づいた医療」(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)

平衡反応:全身のバランスが崩れようとしたときに直ちに反応し 平衡を維持しようとする機能。 上肢:パラシュート反応、下肢:ホッピング、ステッピング反応、傾斜反応など。 一定の姿勢を保持していて重心が動いた場合に、 重心を保持し転倒しないようにコントロールしようとする自動的反応。 6ヶ月頃から現れ生涯続く。 平衡反応は、脳皮質、基底核、小脳の間の相関作用によってコントロールされるもので、急激な体重心の変化、あるいは体幹に対する四肢の位置変化に対応して、 自動的に身体全体を正しい姿勢に保持しようとする反応である。 まず傾斜反応が出現し傾斜による重心の移動を防ぎ、 体軸の平衡を保持するために体全体に運動が生じる。 この傾斜反応の域を超えて身体が倒れ、その平衡が失われようとするときに 身体を保護するために上肢・下肢に保護伸展反応が出現する(傾斜反応→保護伸展反応)。 ・平衡反応のなかで特に、より協調された歩行の獲得に大きく関与しているのが ホップ反応、ステップ反応、背屈反応である。

アドソンテストは胸郭出口症候群の判別のために用いられる検査方法。胸郭出口症候群の中でも特に斜角筋症候群の判定を行うのに適している。 アドソンテストの検査は

①姿勢良く座った状態で手首の脈拍を確認する。

②あごを挙げ、頭をしびれ等の症状のある側にできるだけ強く向ける。

③痛みのない範囲で上を向き、大きく息を吸い込んでから止める。

の手順で行う。 この時に脈拍が弱まったり停止した場合、手のしびれや冷感が強まった場合には陽性と診断することができます。最初のテストで陽性の反応が出なかったとしても、反対側からの検査で脈が弱まる時には陽性(擬陽性)と判断されることもありますので両側で検査を行った方が無難でしょう。

プッシャー症候群:半側空間無視(USN)を伴う事が多い。左片麻痺であれば、健側を用いて左側へ向かって、健側で押す現象。

プッシャー症候群:ベッドサイドでは患側骨盤をギャッジアップなどで挙上することで押す力と拮抗し安定化を図る。上肢はオーバーテーブルなどで体幹前方で支持させる。チルトテーブルに腰掛け、足底を離し、患側骨盤を挙上させることから始める。 徐々に足底を接地し健側挙上での保持訓練へと進める。(初期:健側へ体重支持、後期:患側へ体重支持) これに加えて、重心移動練習などの動的な課題も有効とされる。

 ラセーグ徴候徴候を調べるときに挙上していない側の坐骨神経領域に疼痛が誘発される場合がある。これを逆ラセーグ徴候といい、これは坐骨神経領域の痛みが誘発された下枝側の腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経への圧迫を示唆する。

 神経系ー中枢神経系ー脳 脊髄

神経系ー末梢神経系ー体性神経系 自律神経系

自律神経系ー交感神経 副交感神経

ライトテスト:胸郭出口症候群の誘発テストの一つ。交通事故のため、むち打ちとなると、首から腕にかけて、痛みやしびれが生じることがあるが、その原因の一つとして、胸郭出口症候群が考えられる。胸郭出口症候群は、腕神経叢や鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫または牽引されることにより症状が引き起こされると考えられている。ライトテストが陽性の場合には、小胸筋のけいれんなどが原因として考えられる。

ライトテストの方法

両肩関節を外転90° 外旋90° 両肘関節90°屈曲位で 橈骨動脈の脈拍をはかる。脈拍が減弱したり消失した場合はライトテスト陽性。

胸郭出口症候群:鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼ぶ。前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群。鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖症候群。小胸筋を通る時に圧迫されると小胸筋症候群。頸椎にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋症候群という。

f:id:gazo-u:20190207200747j:plain

 

前方へ頭部が突出することにより、上部胸郭と下部頚椎は屈曲、上部頚椎と頭蓋頚椎部は伸展。この姿勢は舌骨上筋群の下方・後方への牽引力を作り出し胸骨舌骨筋・肩甲舌骨筋のような舌骨下筋を伸張しまいます。その結果、下顎は後退と下制の方向へ引かれ、下顎に対して緊張を加えます。また、下顎の安静肢位が変わったことにより、下顎骨の顆頭の位置も理論的には後方に偏位。それによって間接円板の繊細な後円板層は圧迫され、炎症やダメージを負いやすくなる。この頭部が前方に行く姿勢によってストレートネックも発生しやすくなる。

胸郭出口症候群:頸肋症候群 肋鎖症候群 斜角筋症候群 小胸筋症候群 第一肋骨症候群

f:id:gazo-u:20190208012855p:plain

f:id:gazo-u:20190208012918j:plain

 クレアチニン(Creatinine:Cr)は、筋肉で作られる老廃物の一つで、そのほとんどが腎臓の糸球体から排泄されます。 そのため、血液中のクレアチニンの増加は、糸球体の濾過機能が低下していることを意味します。 ただし、筋肉が多い人は高めに、筋肉が少ない人は低めになるために、これだけでは正確性に乏しい。

 

前庭神経炎:強い回転性めまいを生じる。吐き気、嘔吐もある。安静にしてもおさまらない。動くと悪化する。前庭、半規管、前庭神経、脳幹、小脳のいずれかが障害されると起こる。

 

懸垂頭位:頭部をベッド端から突出させて頸部伸展位のような状態にする。

 

良性突発性頭位めまい症:エプリー法・・・座位⇒右を向いたまま倒れて懸垂頭位で右向30秒⇒懸垂頭位で左を向く30秒⇒左側臥位30秒⇒起き上がる

 

ヒップストラテジー:前方不安定・・・腹筋群 大腿四頭筋

後方不安定・・・脊柱起立筋群 ハムストリングス

 骨密度検査:デキサDXA法・・・エネルギーの低いX線を使い測定。腰椎、大腿骨の骨密度を測定する。 超音波法・・・骨粗しょう症の検査に用いられる事が多い。 MD法・・・X線を使って、手の骨と厚さの異なるアルミニウム板とを同時に撮影し、骨とアルミニウムの濃度を比べることによって測定します。

足底を全接地して体幹を回旋させるのと、足底を浮かせて体幹を回旋させて比べる。すると、足底を浮かせて体幹回旋させたほうが行いにくい。これは筋緊張が高まっているために動作を妨げているためである。

アルツハイマー病:脳の萎縮は海馬に発生。初期はエピソード記憶(近時記憶障害と見当識障害)がみられる。特に記銘の障害が顕著。中期には、即時記憶障害もみられる。

矢状面重心:耳垂 肩峰 大転子 膝蓋骨後面 外果前方(2~3㎝)

前額面重心:後頭隆起 椎骨棘突起 臀裂 両膝関節内側中心 両内果間中心

多裂筋:起始 第4~7頸椎関節突起 全胸椎横突起 停止 各起始部から2~4上の椎骨棘突起  両側作用 体幹伸展   片側作用 体幹同側側屈

エピソード記憶とは、宣言的記憶の一部であり、イベント(事象)の記憶である。エピソード記憶には、時間や場所、そのときの感情が含まれる(感情は記憶の質に影響する)。自伝的記憶はエピソード記憶の一部である。エピソード記憶意味記憶(事実と概念に関する記憶)と相互に関連している。エピソード記憶は物語にたとえることができる(Tulving, 1972)。長期記憶の中でも、思い出と呼ばれる部分。

2013年最も読まれた本  ケニーマクゴニガル スタンフォードの自分を変える教室  

2014年経営者に最も読まれた本  稲森和夫(京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。) 生き方  

この2冊が共通して言っている事は実践力。実践力とは「決めた事」と「やっていること」を一致させる力。思い通りの人生になっていない人は、「決めた事を」「やっていない」。決めた事を達成していたら、思い通りの人生になるのが当たり前。

成功=失敗の積み重ね+継続

実践力=決めた事とやっている事を一致させる力

行動力=好奇心+実践力

人間には元に戻ろうとする恒常性が備わっている。目的を達成する為に根拠のない思い込みを言いふらす事により、元に戻る恒常性を発生させないようにする。根拠のない思い込みを言いふらすと、必ずプレゼント(否定)が返ってくる。それに負けない事が勝つということ。違和感をよろこぶこと。

海馬の場所:辺縁系という用語は、人間の脳で情動の表出、意欲、そして記憶や自律神経活動に関与している複数の構造物の総称であるため、機能的な分類を表す用語であり、場所を表す用語ではない。海馬が辺縁系に属す構造であることは、Wikipedia日本版にも明記されている。海馬の位置は、脳の深い所にあるので、なかなか表現し難い。「内側側頭葉の深部に位置している」という表現が適当。海馬(英: hippocampus)は、大脳辺縁系の一部である、海馬体の一部。特徴的な層構造を持ち、脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官。

 

f:id:gazo-u:20190209204125j:plain

 何をするかイメージして、どう動くか考えると動きが最適化しやすい。モルツ博士の著書『サイコサイバネティクス』によると、脳は「実際の経験」と「頭の中で鮮明に描いた想像上の経験」を区別するのが苦手。想像上の経験でも、実際の経験でも脳は同じ領域を使い情報処理を行う。脳をだまして成功体験を生み、それによってパフォーマンスが向上する。野球で三冠王を三回取った落合博満はイメージトレーニングを取り入れた打者。例えば、ランニングをしている最中に 自分にとっていいなって思う動きが出たら、パッと止まって「どうやったらこの動きができるんだろうか」という様に観察してたという。すべての現象を意識的にとらえて、良い現象をとりいれる練習をイメージトレーニングでしていた。

私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台づくりをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である。(本田宗一郎)

理解レベル

不理解、誤解

理解(把握)

納得

共感、共鳴

利己的に許すということ・・・「人を許す」というと、「人のことを考え、利他的になる」ということのように思う人もいるかもしれません。「許容し可能にする術」というのは、その逆のこと。情けは人の為ならず - 人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。

体性感覚の検査:Ⅰ.表在感覚 1.触覚 2.痛覚 3.温度覚

Ⅱ.深部感覚  運動覚   位置覚  振動覚

Ⅲ.複合感覚  2点識別覚

心筋梗塞は、虚血性心疾患の一つ。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞(AMI)」のことを指す。心臓麻痺・心臓発作(英: heart attack)とも呼ばれる。 心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群(acute coronary syndrome, ACS)という概念が提唱されている。

温覚(暖かいという感覚):自由神経終末、ルフィニ小体

冷覚(冷たいという感覚):自由神経終末

痛覚(痛いという感覚):自由神経終末

体性感覚は、生理学や医学の用語で、皮膚感覚、深部感覚、内臓感覚を指す(内臓感覚を除外する立場もある)。感覚器が外からははっきり見えず、皮膚・筋肉・腱・関節・内臓の壁そのものに含まれる。体性感覚は視床で処理され、対側の大脳半球に送られる他、自律神経系や賦活系にも影響を及ぼす。また、深部感覚は小脳でも処理される。

Perry 2)は,ヒトの歩行において,下肢と骨盤をロコモーター, 体幹,頭部,上肢をパッセンジャーと呼び,歩行における 体幹の主要な機能的役割は,骨盤の上で自らの姿勢を保持 することであると述べている.2) Perry,J.:Gait Analysis,9‐28,New York Slack,(1992).

ロコモーターユニット :下半身や動作を行う上での骨盤、両下肢のこと、歩行で直接的に関係があるもののことを指す。言葉を直訳すると「loco moter=歩行運動(loco=機関車 moter=エンジン)」。

パッセンジャーユニット:上半身や動作を行う上での体幹、両上肢のこと、歩行で間接的に関係があるもののことを指す。 言葉を直訳すると「passenger=荷物」。

ロコモーターユニットと、パッセンジャーユニットの2つが相互に影響しあうことで歩行は成り立っている。 相互のバランスが重要であり、上方にあるパッセンジャーがバランスが取れてないと下方のロコモーターは過剰に働くため、下肢の筋力を過剰に働かせてしまう。 反対に、バランスがとれていればロコモーターは最小限の力で働くので、歩行しながら上肢を使って作業することも可能になる。例を挙げると、歩き始めてままならない子供の歩幅は狭い。体幹の筋力やバランス能力が少ないと下肢の筋力を働かせて歩く。これは高齢者でよく見られる円背姿勢の方でも同じ。渋谷や新宿を歩く若者は歩くのが早く、歩幅も大きい。体幹の機能があり、最低限の力で歩くことができるためできること。 歩幅を大きくするためにはパッセンジャー機能=上半身の機能が大切。参考文献:人間の運動学 - ヒューマン・キネシオロジー 著者宮本 省三,八坂 一彦,平谷 尚大,田渕 充勇,園田 義顕

 末梢神経系⇒自律神経系、体性神経系⇒交感神経副交感神経、皮膚感覚深部感覚内臓感覚⇒触覚痛覚温冷覚(皮膚感覚) 位置覚 運動覚 振動覚 複合感覚 抵抗覚 重量覚(深部感覚)

副甲状腺から分泌されるホルモン:骨や腎臓に作用して、甲状腺から分泌されるカルシトニンというホルモンやビタミンDとともに、血中や体液中のカルシウム濃度を一定に保っている。副甲状腺ホルモンは、血中のカルシウム濃度が低下すると分泌が高まり、骨に含まれているカルシウムを血中に取り出す。また、腎臓に作用してリンの再吸収を抑制し、カルシウムの再吸収を促して尿中への排泄を減らします。

リン:生体エネルギー代謝に欠かせない ATP、細胞膜の主要な構成要素であるリン脂質など、重要な働きを担う化合物中に存在。また、脊椎動物ではリン酸カルシウムが骨格の主要構成要素。このため、あらゆる生物にとっての必須元素であり、地球上におけるリンの存在量が、地球生態系のバイオマスの限界量を決定すると言われている。農業においてはリン酸が、カリウム・窒素などとともに肥料の主要成分である。

 戦後、ブレトンウッズ体制によって、通貨は固定相場制であった。日本の場合1ドル=360円。勤勉な日本人は日本製品アメリカへ大量に輸出した。ドイツも同じ。アメリカでは福祉予算の拡大とジョンソン大統領が始めたベトナム戦争で軍事費が拡大し、ドル紙幣増刷で、アメリカはインフレになり、アメリカ製品は値上がりし、益々、安い日本製品やドイツ製品は売れまくった。日本やドイツの貿易代金のドルがアメリカの銀行にどんどん大量に貯まりました。もし、そのドルを「金に交換してくれ」と言われても、もはや、アメリカはドルと金の交換が出来なくなった。金の流出を阻止する為、1971年8月15日、「金とドルの交換を停止する。」とニクソン大統領が発表。

視床は嗅覚を除く全感覚の中継にあたる。視覚と関係があると考えられていたのでこの名称がついている。

 下垂体前葉から分泌される エンドルフィン エンケファリン は快感と鎮痛をもたらす。

甲状腺ホルモン (サイロイドホルモン、Thyroid hormone) とは、甲状腺から分泌され、一般に全身の細胞に作用して細胞の代謝率を上昇させる働きをもつ。

間脳の視床下部の弓状核にあるドーパミン作動性ニューロンには、その軸索を正中隆起に投射するものがある。このドーパミン作動性ニューロンから放出されるドーパミンドーパミンはやる気、記憶に関わる。新しい知識が長期記憶として貯蔵される際、ドーパミンなどの脳内化学物質が必要になる。